ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できません。下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくようお願いします。 http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

KVH東京データセンター2(TDC2)

世界の先端を行く安全性の高いデータセンター

KVHは東京近郊の第2データセンターとして、東京データセンター2(KVH TDC2)を2011年2月1日より運用しています。「KVH TDC2」は、グローバルでも業界有数の高水準なセキュリティと、スペックの高さを実現しています。東京都心からアクセスしやすく、海岸線からも20km以上離れた印西市に立地し、強固な地盤、将来を見据えた十分な電力供給可能な最大4棟のデータセンター構築が可能な広大な土地を確保しています。「KVH TDC2」は、自社プラットフォーム拠点としての役割に加え、今後拡大が見込まれるクラウド事業者や、KVHの主要顧客層である金融サービス・サービスプロバイダーのBCPやDRニーズに対応した、アジアの中核的なクラウド・BCPデータセンターになることを目指しています。Tier 3+相当のアーキテクチャ内には、4,000m²のサーバースペースがあります(Tier 4へのアップグレード可)。

主な特長

ロケーション

  • 都心から約30kmの位置にあり、活断層が無く強固な地盤から、地震発生リスクが低い地域として、都心にプライマリー・データセンターを構える企業にとって、FISC (The Center for Financial Industry Information Systems:金融情報システムセンター)の安全対策基準で定めるBCP (Business Continuity Plan: 事業継続計画)やディザスタ・リカバリー拠点として理想的な条件を兼ね備えています。

ラック密度

  • 6kW(標準)~20kW(最大)のサーバーの搭載密度の高いラックを用意し、高効率なデータセンター環境を提供します。

電力

  • UPS・ブロックリダンダント方式、2N構成
  • 東京電力66 KVループ構成
  • 年間平均PUE(Power Usage Effectiveness)は1.5未満

安全

  • 東京と断層の異なる地域に設置
  • 完全免震設計
  • 国内最低水準の予想最大損失(PML)2.6%を保持
  • ISO 27001、FISC(Centers for Financial Industry Information Systems)に準拠、主要なコンプライアンス要件に対応

サポート

  • 経験豊富なエンジニアが24時間365日体制でオンサイトにて運用をサポートするカスタマイズ・サービス「KVHスマートハンズ」

設備・運用

建築構造
  • RC構造、地上6階建
  • 完全免震設計、震度7まで
  • 予想最大損失(PML)2.6%
スペース
  • 4,000㎡(1,000㎡×4フロア)
  • ハーフホール460㎡もしくは専用ホール1,000㎡単位でのご提供が可能(ホールセール)
ネットワーク接続
  • KVHの耐障害性かつ低遅延ネットワーク接続により高いパフォーマンスを実現
  • KVHネットワークに加え複数の通信事業者との接続を確保
  • 施設全体および各ラックスペースの多重ルーティング
運用監視
  • 常駐のバイリンガルスタッフによる24時間365日体制の監視
  • データセンター機器の常時監視および保守

電気系統

施設への電源供給能力
  • 東京電力66 kVループ構成(アクティブ/アクティブ)
  • 15MVA×2台
UPS
  • ブロックリダンダント方式、2N構成(オプション)
  • 各階に個別のUPS室を設置
発電機
  • N+1構成、ガスタービンエンジン
  • 全負荷の状態にて72時間以上運用分のオンサイト燃料供給が可能
電力密度
  • ラックスペース全体を通して標準平均1.8kW/㎡まで供給可能
  • 標準で6kW/ラック対応。追加冷却で20kW/ラックまで対応
PUE
  • 年間平均値1.5未満

空調設備

空調
  • 水冷式ターボチラー装置(フリークーリング)付き
  • N+1構成、2Nまでアップグレード可能(ホールセール)
非常時対応
  • 冷却水貯蔵タンク
  • 非常用水用井戸水および床下タンク装置
  • UPSバックアップには、CRAHおよび冷却水供給ポンプ完備
空調管理
  • 事前に設定された範囲内での温度・湿度管理
機密設備での冷気閉じ込め
  • ご要望により提供可能、ラックスペースおよびラック設置時に施工可能

安全

消火設備
  • イナージェンガス消火システム
  • 付帯エリアは、消火栓および消火装置完備
検知器
  • VESDA(超高感度煙検知センサー)システム
  • 高感度熱/煙検知器
アクセス管理
  • 生体認証システムとIDカードを組み合わせた多層物理セキュリティ対策
  • ご要望により、お客様専用の認証システムを設置可能(ホールセール)
  • * TDC1およびTDC2でのコロケーションおよびホールセールサービス
  • * TDC1、TDC2は公益財団法人金融情報システムセンター(FISC)による「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準」に準拠しています
  • * ITIL®v3は内閣府の登録商標です

KVHのサービスに関する詳細や弊社営業担当者へのお問い合わせには「お問い合わせ」ボタンより弊社にご連絡いただけます。